昼顔 再放送

夫の俊介(鈴木浩介)を仕事に送り出した紗和(上戸彩)がパートに行く準備しとったら、姑の慶子(高畑淳子)が何の前触れもなくやってきてん。

 

慶子は、紗和が利佳子(吉瀬美智子)の元不倫相手・智也(淵上泰史)と立ち話をしているところをたまたま見てしもて、浮気してるんやないかと疑ってたんやね。

 

実は、智也は利佳子に振られたんやけど、諦められんで、紗和にも協力していうてたのんでてん。

 

北野(斎藤工)と会ってからっちゅうもの、彼のことばっかり考えるようになってた紗和は、慶子の浮気を疑う言葉に内心動揺しながらも、智也はただの知り合いだと説明したんや。

 

一方利佳子は、画家をしている加藤(北村一輝)に自分の肖像画を描いてもろてたんやけど、出来上がった絵は、黄色の涙を流した彼女の姿やったんや。

 

それを見た利佳子は、夫の徹(木下ほうか)に、加藤にもう一度絵を書いてもらいたいと頼むんやけど、「加藤は俺にケンカを売っているだけだ」と利佳子の絵を捨ててしまうねん。

 

その後、利佳子は紗和のパート先を訪れて、仕事が終わったら会おういうて彼女を誘うたんや。利佳子との待ち合わせ場所に紗和が向うたら、何故かそこには北野がおってん。北野に話を聞いてみたら、彼は彼で、利佳子から示談の件について話したいと連絡をもらったから来たとか言うんや。

 

一方そのころ、利佳子は徹に秘密で加藤のアトリエに来てたんや。そこで、自分のことをもう一回だけ描いてほしいんや利佳子は頼むんやけど、加藤は「あなたには美しさを感じない」言うて、利佳子の申し出を冷たくあしろうてしもたんや。

 

紗和と北野の方に話を戻すと、結婚しているけど子どもがおらへんという、お互いの共通点について話をしてたんや。北野は結婚2年目で妻は1歳年上、紗和は北野の魅力的な笑顔に好感を持つんやけど、夕飯の支度があんねんいうて帰ってしもうたんや。でも、慶子がまたもやその様子を影から目撃しとってん。