昼顔 再放送

主人公のヒロイン・笹本紗和(上戸彩)ちゃんは、結婚5年目を迎えた熟れきった主婦。

 

普通にサラリーマンしてる夫・俊介(鈴木浩介)さんと平凡な毎日を過ごしとったんや。

 

ある日、スーパーのパート帰りに、紗和ちゃんはスーパーの客やった滝川利佳子(吉瀬美智子)ちゅうオンナから、不倫隠さなあかんからアリバイ作りにに協力するよう頼まれるねん。

 

利佳子は、最近近所に越してきたばっかで、大手出版社で女性誌の編集長をしているダンナの徹(木下ほうか)と愛娘2人で新築の一軒家に暮らしてたんや。

 

でも実は彼女は平日の昼間にワリキリ不倫しまくる、いわゆる“平日昼顔妻”やったんやね。

 

その日も萩原智也(淵上泰史)っちゅう若い男と不倫してた利佳子は、不幸なことにスーパーの駐車場で車上荒らしの被害に遭ってしもうたんやけど、なんでかしらんけど紗和のことを利用しようとたくらみよったんや。

 

なんか利佳子に弱みを握られてた紗和は、そのお願いを断り切れへんかったんや。

 

その後、紗和は警察の事情聴取に協力したんやけど、利佳子とは友達で、知り合いの智也と一緒にパート終わりに彼女と会う約束をしてたいうて嘘ついて口車合わせたんや。

 

そしたら、車上荒らしした高校生の木下啓太(健太郎)が担任教師の北野裕一郎(斎藤工)に付き添われて現れるんや。

 

北野が利佳子に謝ると、利佳子は示談でええっていうたんやけど、その後とんでもないことに繋がるんでもう説明やめとくわ。

 

その夜、紗和に利佳子から電話が入ったんや。その日のトラブルを徹が知って、迷惑をかけてたから紗和に謝りたいっちゅう内容やったんや。

 

徹と話した後、利佳子から「北野と示談の話し合いをすることになったからあなたも来てほしい」といきなり頼まれることになっって、紗和は数日後、その示談の話し合いをするために、あるホテルに行くことになったんや。

 

ホテルに行ったら北野が来てて、問題を起こした生徒の家庭にも事情があるんやから、自分が対応すると紗和たちのことを説得したんやけど、利佳子は「親が来ないんだったら誠意が感じられない。」と示談書を突っ返すんや。

 

北野がそれでも退かずに説得しようとしたら、あろうことか利佳子は、「デートしてくれるなら考えてもいい」、とか言い出しよるねん。